シースリーの予約はネットからがお奨めです。シースリーの予約はネットからがお奨めです。

シースリーの予約はコチラから。格安で全身脱毛できることで評判です。スベスベ肌になって女子力を向上させるにはコチラからご予約を!!
TOP PAGETOP PAGE > >> 医療脱毛と言えども、施術を受けるときは、
医療脱毛と言えども、施術を受ける

医療脱毛と言えども、施術を受ける

医療脱毛と言えども、施術を受けるときは、事前処理の必要性が考えられます。必要のない毛がわさわさ生えていては施術してもらうことができないはずなので、カウンセリング時に言われた長さに自分で脱毛するようにしましょう。


施術する日の前の日じゃなく、処理を数日前にやってしまえば、施術した後にお肌の異常が発症しづらくなるかもしれません。

ノーノーヘア(no!no!HAIR)は、テレビCMでも「抜かない、剃らない、脱毛器」と言うように、サーミコン方式という熱を使った家庭用脱毛器です。

光脱毛方式と違うのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。毛を挟んで熱を伝えて焼き切るので、処理後の毛のちくちく感はないですが、処理している最中は、毛の焦げるニオイがします(※お肌にニオイが残ることはありません)。

テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、クチコミを見ていると、数々の感想の中で「効果を感じない」というのが光脱毛タイプと比べると多いですね。サーミコン方式しか使えないという人の中では、気長に繰り返し使っていくと、ムダ毛が薄くなったという人もいます。



一般的に脱毛器を使用するメリットは、脱毛後の肌は他の器具を使うよりキレイだし、脱毛サロンなどと比べてみると費用が抑えられることです。

更に、自分の好きな時間に脱毛できることも、脱毛器の利点だと言えるのです。

初期投資が必要なこともありますし、カートリッジ交換など面倒な器具もあるものの、全身脱毛したい場合、脱毛サロンと比べると費用がかかりません。

センスエピ(SensEpil)はイスラエルで開発されたフラッシュタイプの家庭用脱毛器です。

光脱毛器のカートリッジは消耗品ですが、センスエピなら交換不要で5万回使用できるため、トータルコストがわかりやすいという評価もあります。

出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。

もちろん、顔の脱毛にも使えます。


シリーズ中もっともコンパクトなセンスエピGのクチコミを見ると、本体のサイズ・軽さ・スイッチの位置などは使いやすく、丸みを帯びた形状でホールドしやすいため、落としてしまうこともなく、脱毛しやすい形状が評価されていますが、照射面積が小さいため、大きめヘッドの脱毛器と比べると、広い範囲の処理は時間をかけなければなりません。

いちばん小さなセンスエピGは1万円台と、価格帯としては低いほうの部類ですので、用途を限っていえばそれなりの評価が得られる製品だと言えるでしょう。



ビューティー家電では多くのラインナップを揃えるパナソニック。
その中で、ソイエという脱毛器が採用しているのは、ムダ毛を挟んで脱毛するのでそれなりの痛さは覚悟しなければなりません。ヘッドを動かしていくと複数の毛を抜くことができるので、毛抜きで抜くより効率が良いですが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもという刺激あるある的な感想も見受けられます。

一方で、何度かリニューアルされていて愛用者も多く、繰り返し使用することで毛が抜けやすくなるので痛みも軽減されるというコメントもあります。

痛みに強い方や、痛みを感じにくい部位には使用できるかもしれません。脱毛を検討するパーツとして多いのは、誰もが気になる脇の下、人目に触れやすい腕や脚が王道ですが、昨今は、なかなか人には相談しにくい部位ではありますが、女性のプライベートゾーン付近のムダ毛ケアを希望する女性も多くなってきています。加えて、うなじの産毛や、いわゆる「ヒゲ」、手や足の指にちょろんと生えてしまう指毛、面積が広く反り残してしまいそうなお腹、自己処理が難しい背中など、ムダ毛の悩みは人それぞれ、部位も人によってさまざまですし、1本残らず全てのムダ毛を完璧になくしてしまって、楽になりたいという人もいます。



「脱毛サロン」と言っても、サロンによってケアできる部位が異なる場合があります。VIO脱毛は医療脱毛でもできます。
我慢強くない方だと、その痛みに耐えられませんが、ムダ毛が生えにくくなるというメリットがあります。一方でレーザー脱毛は、好きな範囲で少しずつレーザーを照射していくので、細かく範囲を調整できるメリットがあります。
どの程度Vラインを脱毛したいのか、十人十色ですし、脱毛しすぎないように医療脱毛を受けることをお勧めします。レーザーを利用して脱毛する場合、脱毛してほしい所にレーザーを当てて、その箇所の毛を作り出す力を持つ細胞の組織を壊してしまう方法です。


光脱毛に比べたらずっと破壊する力が強いせいで、お肌に負荷がかかることになる上、強い痛みを感じることも多いです。医師の監督がなければできない施術ということになっているのですが、家庭用に開発されたレーザー脱毛器も売られています。



イーモはダブルショット(2連射)モード搭載の家庭用のフラッシュ方式を採用した脱毛器です。特筆すべきはそのコスト。1つのカートリッジで約6



000回照射できるため、1回1.4円というととてもリーズナブルなのです。チャージタイムは脱毛器としては普通だと思います。1度照射して10秒待たなければいけないのですが、ダブルショットモードで2連射することもでき、自己処理にかかる時間を短縮することができます。

パワーUPした後継機が発売されたのですが、使いやすさとコストの点でイーモにも依然として人気があります。



型落ちとか在庫処分という触れ込みで、比較的低い価格で購入できるのが嬉しいです。高出力は要らない、低い価格で品質の高い光脱毛器が欲しいという方には、おすすめです。


ツーピーエスはお店並みの光脱毛が自宅で出来るIPL脱毛器で、高いパワー性能でお店に行かなくてもアンダーヘア脱毛ができます。



IPL光はサロンでもお肌のくすみやメラニンケアとして採用されてきた方式ですので、カートリッジを交換すれば美顔マシンとしても使えます。

高性能のカートリッジは13万回以上の照射が可能で、1発0.05円なので、比較的リーズナブルに全身脱毛ができます。
継続的な使用ならお得な2個入りカートリッジのパックがおすすめです。パワーがあるので男性の毛質にも対応でき、きめ細かい出力調整(8段階)なのでデリケートな部分の脱毛にも対応しているのも特徴といえるでしょう。

関連記事




Copyright (C) 2014 シースリーの予約はネットからがお奨めです。 All Rights Reserved.